せっかく学んだ英会話を忘れないために

英語圏に留学をした経験があるのですが、日本へ戻ってくると英語を使う機会がないため、どんどん忘れていくことに不安を覚えました。

英会話教室へ通えば英会話力を保つことが出来るということはわかっていましたが、仕事が忙しいことと予想以上に金額がかかるということで、英会話教室へ通わずとも良い方法はないものかと考えていたところ、留学中に毎日欠かさずやっていた英語で日記を書くということを続けたら違うのではないかということを思い立ち、毎晩始めてみることにしました。

この勉強方法の大切な点は、日本語から英語に訳して考えるのではなく、英語で考えたものをそのまま書くということです。
不安なスペルのものやわからない単語なども、調べることなくそのまま書き、書き終えた後に調べるということが大切です。
日本語の日記を書くのと同様の感覚で書くということが重要なポイントとなります。

また、海外ドラマや映画を英語字幕を見ながら鑑賞しました。
これは、リスニング力を養うとともに、英語の言い回しの参考になりました。

留学期間は1年と短いものでしたし、すでに帰国して10年以上経ちますが、今でも海外旅行には困らないほどの英会話力を
保つことが出来ています。

おすすめ→オンライン英会話

以外に知らない英語でNOと受け答えするときのポイント

英語には日本語にはないルールやまったく逆のルールがあります。文法は英語と日本語は全く逆です。それをふまえて英語でNOと受け答えするときのポイントをお話しします。質問に対しても日本人の受け答えの特徴として、相手が質問してきたことに対してそれに賛同する場合ははい(YES)賛同しない場合はいいえ(NO)を使います。例えば日本語で、今日学校はないの?と聞かれた場合、たいていの人は「うん、今日は学校はない」と最初に「うん」つまり(YES)と受け答えします。英語になると実はこれが逆になります。英語で今日は学校はないの?Don’t you have a school?と聞かれたとします。この場合、ついつい、Yes, I don’t have a school.と答えてしまいがちです。この受け答えだと意味が通りません。なぜなら英語圏の人にはYES、という受け答えで学校があることを主張し、っそのあとに学校はありません、と説明しているようなものでもう一度聞き返されてしまうことがあります。この場合はDon’t you have a school?と聞かれたら、Yes, I have a school.かNo, I don’t have a school.と受け答えるのが正解です。ちょっとややこしいですが、ポイントとしては、その質問に対して肯定的か否定的かではなく、YESならYES、NOならNOというところがポイントになってきます。最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れると間違えなくなるのでできるまでぜひ練習してみてください。

日常会話をするのに必要な英語レベルは中学生レベルです。

以前カナダに5年ほど住んでいました。日本人が長いこと英語を勉強しているのに話せない理由は文法や単語、文章を読む能力に力を注ぎすぎていることだと思います。難関大学の入試に出てくる問題はかなり難易度が高くネイティブですらわからないような単語も出てきます。それに合格した人でも会話ができない人もいます。逆に単語はあまり知らないけど、日常会話はペラペラという人もいます。その違いは英語を話す練習をしてきたかどうかによるものです。最近毎日ディズニーチャンネルの子供向けアニメを字幕なし英語音声で観るのが私の日課ですが、出てくる表現は中学生レベルの単語や英語表現ばかりです。私は5年住んでいたので、ネイティブが話すリズムや英語の使いまわしなどの感覚がわかり今では9割理解することができます。しかし文法や単語力に特化して勉強した人は中学生レベルの日常英会話が理解することができない人もいると思います。なぜなら生の英語に触れて、実際に話す練習をしたり外国人とコミュニケーションをとったことがない人たちだからです。ここにその差が生まれます。なので英語を話せるようになりたいと思っている方は特に単語や文法を勉強するのではなく実際に海外の人とコミュニケーションをとる練習をするのが一番効果的だと思います。

英会話は丸暗記してしまうのが一番効率がいいように思えます。

英会話スクールを経営しているものです。英会話を覚えるのに必要なことといえば、フレーズを何も考えずに暗記してしまうのでが一番いいのではないかなと思います。単語を覚えたり、文法を覚えたりするのも大事ですが、考えることに時間を使いすぎたり、単語を大量に覚えることに時間を割くよりも、一言フレーズを暗記し、それを会話に混ぜていくというやり方が効率的かと思います。私も実際カナダにいるときはそうやって英語を覚えていきました。とりあえず日常で必要な使えそうなフレーズを本やネットでひっぱってきて丸暗記します。長文を暗記するのは不可能だったので、短い一文を覚えます。そして会話の最中にその表現をマスターするまで使います。すると自然と自分のものになり、主語や目的語を変えて使えるようになりました。私がやった英会話の学習方法はそれだけです。それを5年続けたらネイティブの友達と冗談を言えるくらいまで英語力がアップしました。難しいことをやるよりも、少しずつ確実にこなしていくことが英語学習に限らず自分の目標に近付けるための一番の方法ではないかと思います。先を見ず今目の前にあることを全力で集中してやるとうまくいくと思います。参考にしてみてください。

果たして、聞くだけで英会話がマスターできるか・・・

TV、雑誌等でよく見かけるコマーシャルに、「聞くだけで英会話がマスターできる・・・」と云うのがあるが、果たして本当に英会話が理解できるまでになるのかどうか・・・小生、この教材でなく、本屋で売られている英会話教材を購入して試してみた・・・。
メモリースティックにCOPYして、毎日ウオーキング中に聞くことにして、3ケ月が経過・・・・何となく話している内容が判って来たような・・・いやいや、やはり単語が理解できないと無理無理・・・そうなんです!
いくら耳だけで聞いても、日本語の訳が無いと、いつになっても全体が理解できないことが判りました。
結局は、教材に添付されている日本語訳と単語の説明文書が無いと、チンプンカンプン・・という事が判りました。
教材メーカーの言い分では、「・・・上達具合には、個人差があります・・・」なんて、言い逃れしている場合が多いですが、それなら、どの程度のレベルの人が購入すればよいのか・・ちゃんと前置きをしてもらいたいですね・・・。
英会話教室へ行くのが、もっとも手っ取り早いのですが、やはりレッスン費用もそれなりに掛かります。 しかしながら、
高い教材を買って、個人レッスンでは、ほとんどの方が上達に至らず挫折するのではないでしょうか・・・。
小生もその口であり、相当な教材費を払って、未だに英会話初心者を抜け出せません・・・。
みなさんも、うまい話には落ちがあることを忘れないでね・・!
結局、楽をして英会話上達は無いのですかね・・・あったら教えてください・・・何?・・ある訳無い・・・?